推進員の紹介

推進員の紹介です


吾妻地区代表の反町です。よろしくお願いします。
                                反町 忠雄 さん【吾妻地区代表(草津町在住)】

 吾妻地区は、群馬県の北西部に位置し、山林が多いい場所になります。無題
 居住地が点在し、スーパーや病院等の生活環境は、車がないと不便です。普段、自分で実施している活動は、車の運転状況を記録し、パソコンに入力します。走行距離を把握し、無駄な運転を抑制し、年間走行24,000㎞から22,000㎞へと約2,000㎞の削減が出来ました。今後は、燃費の良い車に買い替えて、温室効果ガスを削減したいと思っています。

 私が実施した文化祭での展示活動においては、住民の地球温暖化防止活動についての興味は薄いです。住民の皆様が、活動に興味を持っていただけるように、推進員の皆様と一緒に活動の輪を広げていきたいと思います。

 

未来の人達へ住み良い地球を残す為に~頑張りましょう~
                                            土屋 充男さん【運輸・産業部門代表】

 日頃より大変お世話になっております。今年度も引き続き地球温暖化防止活動推進委員、運輸・産業部門の代表を務めさせて頂くことになりました株式会社群成舎の土屋と申します。2015年12月国連気候変動枠組条約第21回締結国会議が採択した「パリ協定」にて、2030年までに2013年度比、温室効果ガス26%削減という具体的目標が出ました。この数字は、運輸・産業部門においては大変厳しい目標と考えております。しかし、効率の良い方法・案を皆様と共に見つけ、実践していくことの積み重ねが大事だとも思います。私も環境関連の仕事をしており、廃棄物の削減、再利用等を通じて地球温暖化防止に貢献できるように努力してまいります。

 近年皆様もお感じの事と存じますが、季節感がなくなってきております。私が子供の頃(35年位前です)、春は春らtutiya2しく五月晴れがあり、梅雨の時期を過ぎると大好きな夏が来て、夏の終わりに台風が通り過ぎ、秋の長雨が過ぎるとようやく涼しくなり、寒い冬が来ました。今はどうでしょう?五月晴れが夏日!梅雨時期に台風!夏の気温は40度!夏から秋にかけての自然災害、暖冬なのに大雪など、明らかに変わってきております。

 未来の人達へ住み良い地球を残す為に、温室効果ガスを少しでも減らす努力をお互いに頑張り続けたいと思います。是非とも宜しくお願い申し上げます。

 

 

子どもたちに、なるべくよい環境を残す
                                    青木 真理さん【西部地区代表(安中市在住)】

 昨年、推進員を始めたばかりで、どのようなことをしたらよいのか勉強中という感じです。 aoki東京で勤めていて、結婚を機に群馬県にやってきました。広々とした空や近くに見える山は、東京の雑踏から考えると、ゆったりと心のゆとりを与えてくれるものです。また、水源県であることは、きれいな水を得られると同時に、下流域に対する責任を考えさせられます。一家庭の主婦なので、ネットワークも知識も経験も少ないのですが、皆さんと協力して温暖化防止の活動をしていけたら、と思います。よろしくお願いします。

 

温暖化防止活動は1人1人の行動から
                                      西村 豊さん【東部地区代表(太田市在住)】

 私が環境保全活動を始めたのは平成14年に「新田町環境みらい会議」に参加してからです。nishimura現在「NPO法人新田環境みらいの会」は、新田地域の移り変わりの中で環境をとりまく課題に直面し、私たちに何が出来るのかをテーマに湧水池等の自然環境の保全、ごみの減量、景観保全、温暖化防止、環境教育等幅広い活動を行っています。温暖化防止については発足からしばらくは具体的な活動は行っていませんでしたが、3年前に会員が東部環境事務所でグリーンカーテンの説明を受け、自宅で実践し効果を環境フェアー等で報告すると共に近所の人にも体感してもらい輪を広げています。また昨年は会員4名が「うちエコ診断」を受け、車から出るCO2が多いことがわかり削減する工夫を行い、太田市の環境フェアーで内容をパネルに展示し来場者に説明しました。今年初めて千代田町民プラザの「節電・省エネ出前講座」で夏の節電や省エネについて説明を行いましたがこの機会に家電製品アドバイザーの試験に挑戦し家電製品についての知識を広めています。今までの活動から環境問題は住民1人1人の意識や行動が重要で、自分で実践し体験したことを具体的に周りの人に伝えることが必要と考えています。これからも環境フェアーや講演会等で地道に啓発活動を行って行きたいと考えています。

 

地球にやさしい行動 ~エネルギーを賢く使いましょう~
                               角田 和男さん【利根沼田地区代表(沼田市在住)】

 退職後、自身の環境意識を高めるために環境アドバイザーに登録しました。角田言うまでもなく、環境問題は多岐多様にわたっているため、資料が狭い部屋に散乱しています。「とりあえずとっておく」という習性からなかなか抜け出せず、妻の「断捨離」はうらやましい限りです。沼田市の推薦をいただき推進員になって早や7年目となりました。推進員の役割は、地球温暖化対策の推進と市民への情報を提供することかと思います。単独では思うような活動は何もできませんが、幸いにして、沼田市では平成21年4月、『ぬまた環境ネット』を立ち上げ、行政サイドとの連携や環境団体の横のつながりが強まりました。子どもたちに「環境教室」を通じ、地球上で何が起こっているのか、問いかけると、いろいろな答えが返ってきます。われわれ大人よりも未来を背負う子どもたちの方が環境問題を真剣に考えているからだと思います。子どもたちには地球を救う知恵や大きなキッド・パワーがあります。東日本大震災後、節電意識が高まりました。まさに“やればできる”ということが立証されました。このことを糧に、エネルギーを賢く利用するための節電について、多くの仲間や地域の皆さんと取り組んでまいりたいと思います。

 

 

img01人と地球の共鳴
                 内田伸一さん【中部地区代表(吉岡町在住)】

 この度、中部地区代表となりました吉岡町の内田です。本業は開業25年の鍼灸師です。東洋医学的見地から、小宇宙人間の気のバランスの崩れと地球の温暖化を 共鳴現象と捉えて、一人一人が本来の自分を取戻し、バランス良く生活を送るとき、環境も自分たちに合ったものになると考え、日々、気づきと共に行動を心が けています。 趣味はゴミ拾い。不要なものを取除くこと(自分、他人の邪気を払う能力を高めるため)他人の後始末をすること(自分の後始末ができないので、笑)行動して いると後から意味が解ってきます。すべての行いは自分に返ってくるので・・・。 今まで推進員の皆様はそれぞれ個々に素晴らしい活動をされています。個々での活動の為、意欲を失い志半ばで去った人もいるでしょう。今、各団体が連携を とって一つの大きなエネルギーになろうとしています。そのエネルギーが、新たに皆様の気づきと行動を助け、そして良い情報、現象を引寄せてくれるのを期待 しています。

 

 

 

pagetop

 

群馬県地球温暖化防止活動推進センター

〒371-0016 群馬県前橋市城東町二丁目3番8号

TEL:027-237-1103 FAX:027-232-1104

E-Mail:info@gccca.jp